なぜ血しょうは寿命がないの?

血液の学習時。資料集を見ると、血液の成分のそれぞれ寿命として赤血球は約120日、白血球は約10~20日、血小板は約4~5日と書いてあります。しかし血しょうは寿命の欄がありません。そこからの質問です。「血しょうは寿命がないの?」

そもそも赤血球、白血球、血小板は細胞ですが、血しょうは細胞では無く、液体成分です。様々な物質が溶けている液体なのですが、細胞ではないので寿命はありません。ただ改まって明示的に「3つは細胞で、血しょうはちがう。」とは言わないことが多いと思います。教員としては当たり前と思っていても、伝える必要もあるなと感じた質問でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました