オトシブミ(落とし文)

昔、科学センターに勤めていたときの話です。

小学生の質問を受けました。オトシブミについてです。
小学三年生の国語の教科書の中に、オトシブミについて書かれたエッセイがあるそうです。樹についている葉を口で噛みきり、卵のゆりかごを作り、そのゆりかごは地面に落とす行動が書かれているそうです。卵はふ化したあと、幼虫はゆりかごの材料の葉を食べ、およそ二週間でさなぎになり、その後一週間くらいで成虫になります。
で、小学生からされた質問が、「なんで地面にゆりかご、落としちゃうの?」

 オトシブミと一口に言っても、葉のゆりかごを完全に樹から切りはなして落としてしまうものもあれば、一番太い葉脈だけ残して葉が枯れてしまわないようにするものなど、いろいろあります。そこで、葉を落とす種のオトシブミとそうでないのではどんな違いがあるのか、僕自身興味が沸きました。

 本を調べたり人に聞いたりしているうちに、いくつか分かってきました。まず、樹はただオトシブミにやられているだけでは無いと言うこと。樹にしてみれば、オトシブミに葉を使われてしまうのは迷惑なことですよね。そこで、傷のついた葉からは、いろいろな物質が分泌されるとの事。それらの中には、オトシブミの卵のう化を阻害したり、幼虫の成育の阻害をしたりする物もあるそうです。
もう一つ分かったことがあります。どちらかというと、幼虫の期間の長いオトシブミの種は、ゆりかごの葉を落とす傾向にあるという事です。逆に、幼虫期間の短い物では落とさない傾向にあるようです。そこで成り立つ仮定があります。最初にも書いたように、幼虫は親の作ったゆりかごの葉を食べて大きくなります。幼虫の期間が長いオトシブミほど、その葉の恩恵(?)を受けるわけです。しかしもしその葉に、樹が作った阻害物質(樹にとっては防衛の物質)が含まれていたらどうでしょう? 幼虫の期間が長いオトシブミでは、かなりのダメージを受けることになりますね。そこで、オトシブミも樹に対抗して、葉を切り落としてしまう方向へ進化した種も出てきたのでは??
葉も樹から落ちてしまえば枯れて、生命活動をしなくなり、阻害物質も生成されないでしょうし。

植物と虫は、実に巧妙につながっています。
花の香りに誘われて蝶が来たり、蜜をあげる代わりに花粉を運んでもらったり。蜜をあげてアリを用心棒にしてみたり。罠にはめてしまう食虫植物なんてのもありますね。
先のオトシブミの話も、そんなつながりの一つですね。
ただ単にオトシブミが葉をおとしたゆりかごを作る。それだけの事にも、人には(ちょっと見)分からないつながりが隠されているのですね。非常に僕は感嘆しました! 一つはそのつながりに対して。そしてもう一つあります。僕はオトシブミは葉でゆりかごを作るもの、と見ていました。そこには何も疑問がわきませんでした。「葉をなんで落とすの?」という疑問を出すことの出来た子供に対して、感嘆しました。

知識が増えてくると、「これはこういう原理でなりたっているから」とか「この場合はこういう風になるものだ」と片づけてしまいがちになります(僕だけかもしれませんが(^_^;) 科学というのも、物事をきちんと整理整頓して体系づけるものですね。しかし、ヒトが体系づける以上に、自然界は遙かに多様性に富み、目に見えないつながりや例外だらけなんだなぁ、それをもっと本当に”謙虚”に見る・読む力が必要なんだなぁ、としみじみ感じました。

話がずれるかもしれませんが、虫が発生しては殺虫剤を使い、畑の養分が足りないからと化成肥料に頼り、コンクリート護岸で河川の流れを決めてしまい、湾をしきって災害を防ぎ、それでヒトには快適な生活が得られた・そんな事で自然をコントロールしている気になっているとしたら、ちょっと”謙虚”さが足りないのでは、と思いました。

オトシブミという名の由来があります。木の葉でゆりかごは、初夏の時期に見られるそうです。丁度、ホトトギスの鳴き声(キョッキョッキョ、キョキョキョ)が聞かれ始める時期と一致するので、ホトトギスの送る手紙になぞらえて、オトシブミ(落とし文)というそうです。一個のゆりかごを作るのに二時間近くかけるそうです。こういう名前を付けた人は、本当に”謙虚”に自然を見ていたんだろうなぁ・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました